BLOG:1/post_type:page/group-recruiting-work.php

業務紹介

保育士
保育に従事し、その計画の立案、実施、記録およびご家庭への連絡などの業務を行います。
  • 月案・週案の立案、各クラスおよび先生方との連携
  • 日々の園児の状況把握と連絡帳の記入
  • 朝の会・帰りの会・体操などのリード
  • おたより・お知らせなど配布物の企画作成
  • 研修会への参加、職員会議での連携
  • 行事(遠足・運動会・生活発表会・社会見学等)の企画・立案
  • 各種行事の運営と検証
  • 施設内の清掃・衛星管理
  • 園児の健康管理、発育状況の把握、給食協力(献立、配膳、アレルギー対応、指導)
栄養士
保育園給食業務全般および栄養士として、職員・栄養指導管理を行います。
  • 給食計画・栄養量計算・献立作成
  • 給食材料発注・購入・在庫管理
  • 給食調理・園児の栄養管理
  • 食品・給食設備の衛生管理
  • 給食指導・食育指導
  • 保護者との食育連携
  • 調理関係設備の清掃
  • 食器洗浄、消毒
  • 給食日誌作成、検食簿管理
  • 調理器具、設備の管理
保育所の一日の様子
開所日
月~土曜日(日・祝・年末年始はお休み)
保育時間
7:00 ~ 18:00
園長時間
18:00 ~ 20:00
7:00
順次登園、自由遊び(混合保育)
8:30
乳児、幼児別保育
9:00
麻おやつ:ミルク・牛乳(0~2才児まで)、麦茶(3才児以上)
9:30
朝の会(出欠確認)、健康観察、歌、手遊び
10:00
設定保育
(お散歩、公園/制作、お絵かき/英語教室/リトミック教室)
(混合またはクラス別保育)
11:15
給食準備・給食/歯磨き
12:30
午睡
15:00
健康管理・おやつ・自由遊び
16:00
お帰りの会、順次降園、自由遊び(混合保育)
18:00
延長保育(捕食提供)
20:00
閉園

職場環境

キャリアアップの流れ

研修制度

自らの取り組みがキャリアアップや組織形成に繋がる

職員は、保育園の顔であり園の評価へとつながっていきますので、関係各機関(⾏政、日本保育協会、社会福祉協議会など)の外部研修等を利用して職員の質の向上を目指し、他の保育施設や社会福祉施設の⾒学などの園外研修を併用して⼈材の育成を⾏っています。

すべての職員がアイデアや意⾒を出し合えること、それが取り入れられること、新卒でもベテランでも企画した活動や運営内容がやがてあいみーベーシックの形となって運営の柱となっていき、自分の発想が会社を⽀えることとなり実績とできるような職場を目指しています。

資質向上への取り組み

当社では、楽しく優しいだけではなく厳しい目を持ち、子どもが集団社会の基礎を身に付ける大切な時期に、友達を⾒守る温かい⼼を育んでもらえるよう、職員自らも明確な目的を持っている必要があると考えています。

質の高い保育の提供、質の高い人材育成

PDCAサイクルの確立
  • Plan

    • 保育指針、運営方針と保育目標に基づく各種計画の策定
    • 評価結果に基づく改善策の策定
  • Do

    • 安全・安心保育運営
    • 関係各所との連携
    • 研修参加
    • 評価改善策の実施
  • Check

    • 保育、行事等の検証
    • 運営委員会、第三者評価による検証
  • Act

    • 保育運営内容の分析と評価
    • 改善状況の分析、評価、公表、課題確認
資質の向上
行政、福祉協会との連携、PDCAサイクル確立
各種研修参加、職員会議での共有
健康管理・衛生管理
安全の確保、緊急対応・衛生管理体制維持
全職員の研修と共通理解、避難訓練の実施等
給食・アレルギー対応
定期健康診断、顧問医・保健所との連携
感染症や急病対応 ⇒ 各種マニュアル
障害児保育・虐待防止
障害児受入体制の確立、家庭との連携維持
虐待防止、関係各所との連携と迅速対応
保育環境・危機管理対策
食育による心身の健全育成
管理栄養士による栄養量管理とアレルギー対応
苦情対応・地域・保護者連携
利用者の声の収集分析、第三者委員会活用
地域子育て相談機能、小学校交流、地域交流