BLOG:1/post_type:page/group-company-plan.php/company

運営方針

保育所の運営にあたっては、「保育所保育指針」ならびに「運営に関する基準」に沿いながら、利用者の皆さまの意向を取り入れて、利用いただく皆さまと地域との関わりの中で、皆様と共に安全・安心で子どもが主体となり一人ひとりを大切にする保育を創りあげます。

安全・安心保育

園内・園外保育で園児の安全を守るために保育士の教育・マニュアルの作成・職員会議の開催などを通して徹底しております。また、給食の食材には不安の残る食材は排除し極力国産品を使用します。

小規模保育園の利点を活かした運営

小規模の利点を生かし保育士が全ての園児の特徴などを把握し、しっかりと保護者に対応し信頼関係を作っていきます。

同規模園の利点と合同アクティビティを活かした運営

アットホームなイベント(クリスマス会・老人ホーム訪問)を行い、地域との交流もはかり、社会見学(消防署・電車とバスの博物館・郵便局など)も毎月の行事として実施し、グループ保育園合同でのイベント(運動会・発表会)の取組も行っていきます。

あいみー梶ヶ谷保育園イベント あいみーBelle新梶ヶ谷保育園イベント あいみー高津保育園イベント あいみー南加瀬保育園イベント あいみー平間保育園イベント あいみーBelle鹿島田保育園イベント

保育方針

異年齢の子供たちが家族のように生活し、年上の子は年下の子の面倒をみる。
年下の子は年上の子を目標にする。
そうして相手の気持ちを思いやり豊かで優しい心を育てます。

健康、安全などに必要な基礎的な習慣を養い、生命保持及び情緒の安定を図る。
人に対する愛情と信頼感、人権を大切にする心を育てると共に自主性、協調性の態度を養い道徳性の芽生えを培う。
保育生活の中で様々な体験を通し豊かな感性を育て、想像力、思考力の芽生えを培う。
思いやりの
心を育てる
全体活動をできるだけ取り入れ、異年齢の子どもたちが家族のように生活することにより、相手の気持ちを思いやり、豊かで優しい心を育てます。
健康な体を
つくる
子供にとって健康的な規則正い生活週間は成長に一番大切な事です。まず、生活のリズムを整えることから始めます。
自主性と意欲
を養う
本来、子供は好奇心のかたまりです。毎日の設定保育を通してその心を一層伸ばし、さらに自分で何でもすすんでできる自主性と意欲のある子供に育てていきます。

資質向上への方針

当園では、職員全員が子どもを好きである事はもちろんですが、楽しく優しいだけではなく厳しい目を持ち、集団社会の基礎を身に付ける大切な時期に、友達を見守る暖かい心を育んでもらえるよう、職員自らもはっきりとした目的を持っている必要があると考えています。

職員は、保育園の顔であり園の評価へとつながってきますので、関係各機関(行政、日本保育協会、社会福祉協議会など)の外部研修などを利用し職員の質の向上を目指し、他の保育施設見学などの園内研修を併用して人材の育成を行っています。